問題改善サイト(TOP)>>政治>>官僚政治



 官僚組織の現状

(1)前例主義の名の下に、戦前の大日本帝国憲法時代の、官僚体制が、今でも、残っている。

(2)日本の裁判所は、判例主義の名の下に、日本国憲法に基づく、憲法判断はほとんど行わず、大日本帝国憲法時代の判例に基づいて、今でも、判断を行っている。結果として、大日本帝国憲法の根底の思想は、未だに生きていることになる。法治国家とはとても言えない状況である。

(3)裁判官を罷免する弾劾裁判は、ほとんど機能していない。この事が、日本の法治主義を阻んでいる。日本の民主主義を阻んでいる。

 

                                                      2007年10月15日発行