問題改善サイト<TOP>>地球環境

 CO2原因説の疑問

 最近マスコミ等では、CO2が、地球温暖化の原因であると報道しております。しかし、果たして本当にそうなのでしょうか?
 少なくとも、マスコミ報道の中で、地球温暖化の原因は、CO2であるとする明確な根拠の説明を、聞いた記憶はありません。

 CO2が、地球温暖化の原因とすると、CO2のどのような性質により、温暖化が起こるのでしょうか。
 CO2の熱に対する性質として、考えられるのが、断熱性、蓄熱性(輻射吸収率)、輻射反射率、輻射透過率などが考えられます。

断熱性について
 仮に、CO2が、高性能な断熱材であるとしても、そもそも、地球は、真空の宇宙により覆われています。真空は、最も高性能断熱材です。よって仮に、CO2が高性能な断熱材であるとしても、以前より、真空という高性能断熱材により覆われている地球にとって、何の影響も与えることはないでしょう。

蓄熱性について
 仮に、CO2の熱容量が大きいとしても、CO2の熱容量と、地球全体の熱容量とを比較すると、CO2の熱容量は地球全体の熱容量から比べると、非常にわずかであり、これが地球全体の平均気温に影響を与えるとはとても考えられないことです。
 ただし、太陽からの輻射を吸収し、二次輻射を放出することは考えられます。その身近な例として、雲があります。雲が現れると、雲が太陽からの輻射を吸収する結果、地表面には、太陽からの輻射は、届かなくなります。この場合、夏であれば、冷夏になるのが通常です。冬においても、太陽よりの輻射が減少するため、寒い一日になるのが一般的です。これが地球温暖化の原因になるとは考えられません。即ち、CO2が太陽からの輻射を吸収することにより、地表面は日陰になることを意味し、日陰になることが地球温暖化の原因になるという理屈は成り立たない理屈です。

輻射反射率
 仮に、CO2の輻射反射率が高いとしても、CO2が、太陽からの輻射を反射するということは、太陽からの輻射が、地表面に届かないことを意味します。よって、日陰になった地球が、温暖化になるという理屈は成り立たない理屈です。

輻射透過率について
 仮に、CO2の輻射透過率が、高いとしても、CO2の透過率が高いとは、太陽からの輻射がCO2を通過することを意味します。通過すると言うことは、CO2による影響は全くないことを意味します。温暖化への影響もないことを意味します。

このように、CO2により地球温暖化が起こるとはどうしても考えられないことです。
CO2が温暖化の原因とする、明確な理論的根拠があるならば、是非、根拠の説明を伺いたいと思います。


                                                       2007年11月7日改訂
                                                       2007年8月23日発行